• 名城線大曽根駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-7584-02

受付時間 平日9:00~19:00 土日・祝10:00~17:00

音信不通だった父親が亡くなり、債権者から支払通知書が届いたケース

状況

依頼者の父親と母親は生後間もなく離婚し、母親に引き取られたため、父親とは音信不通の状態が続いていたとのことでした。
そんな状況において、ある日突然、クレジット会社から突然1通の封書が届きました。

そこには、父親が亡くなった旨と支払い請求に関する内容でした。

依頼者は父とは会ったこともないので、とにかく相続したくないとのご希望でした。

司法書士の提案&お手伝い

相続放棄の申し立ての期限については「自身が相続人であることを知った日から3ヶ月以内」に手続きをしなければならないと法律で決められています。
今回のケースでは、父親の戸籍を確認したところ、父親の死亡からはすでに6ヶ月が経過していましたが、「自身が相続人であることを知った日」とは、今回のケースでいえば、クレジット会社からの通知書が届いた時点になります。

ただし、このようなケースでは、家庭裁判所に対し、父親が亡くなったことがあったのを知ったのがクレジット会社からの通知で初めて知り、それ以前には、一切知らなかったことを明らかにできるかということを説明する必要があります。

 加えて、父親との交際や交流の状況や証拠となる書類を添付して家庭裁判所に事情を説明していかなくてはなりません。
 そのために、通常の相続放棄の申述書の他に、上申書(裁判所への事情説明書)を当事務所で作成しました。上申書の中で、被相続人との生前の交流状況を記載し、状況も詳しく説明しました。

また、クレジット会社からの通知書と封筒の写しも添付し、通知書の日付や封筒の消印を根拠に相続開始をいつ知ったかを明確に説明しました。

結果

提出する書類について、万全なものに仕上げ、戸籍等の必要書類を集め、当事務所で家庭裁判所に書類一式を提出し、無事相続放棄が認められました。また、債権者に相続放棄の証明書を送付するお手伝いもさせていただきました。

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続放棄④

    大変ていねいに教えていただき解消できました。本当にありがとうございました。感謝致します。

  • 相続登記⑤

    手続きに関して説明を頂き不安は解消されました。手続期の前に見積書を頂いたことも良かったです。

  • 相続放棄③

    無料相談があったので少し気軽にお電話することができました。清潔感のある事務所で担当の鈴田さんが丁寧で誠実に対応して下さり、落ち着いて話をすることができました。

  • 相続手続き③

    自分で書類を作ったりするのは大変ですので、助かりました。感謝しております。

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP