• 名城線大曽根駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-7584-02

受付時間 平日9:00~19:00 土日・祝10:00~17:00

姉妹が平等に遺産の管理をしていた為に、書類の所在が不明となったケース

状況

お父様がお亡くなりになり、続いてお母様がお亡くなりになり遺産の整理の段階になり、内容を確認せずに書類をダンボールにつめて姉妹で均等に分けました。その後不動産の相続手続の際に書類が見つからず、父親がどの不動産を所有しているかわからなくなりました。

 司法書士の提案&お手伝い

名寄帳の取得を提案しました。(名寄帳には個人の所有している不動産が表示されます。名寄帳は市町村ごとに取得する必要があります。)心当たりのある市町村に名寄帳に関する照会を掛けました。実家の土地だけという認識であったとしても、その土地が二つや三つに分かれていたりすることがあります。また実家の前の道に被相続人の持分がある場合など色々な可能性があります。今回は姉妹の双方が相手側が資料を持っているという認識だった為、市町村に「名寄帳」という形で紹介をかけたほうが確実でした。

結果

結果、ご実家のほかにも不動産が見つかり、漏れなく相続の手続を完了することができました。不動産登記手続きは二度三度行うと、税金が多くかかることはありません。しかし私達司法書士の費用が申請ごとに発生しますので一度で漏れなく申請することが重要です。少しでも不安を感じる場合は司法書士へのご相談をお勧めします。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記⑤

  • 相続放棄③

  • 相続手続き③

  • 相続手続き②

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP