• 名城線大曽根駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-7584-02

受付時間 平日9:00~19:00 土日・祝10:00~17:00

無効な遺言の結果、遺産分割調停になったケース

状況 

不動産の名義変更のご相談にお越しいただいたAさんがお持ちになった遺言は、形式としては自筆証書遺言でした。ただ、その自筆証書遺言は故人の署名以外、全てワープロ打ちされたものでした。

提案 

自分自身のみ作成した遺言でも法律要件を満たしていれば、有効な遺言として、他の相続人の同意なしに名義変更することは可能です。

しかしながら、今回のように、遺言内容が手書きではなく、ワープロ打ちされている場合、無効となってしまいます。

もう一人の相続人である弟とは非常に仲が悪いとのことで話し合いもうまくいかず、相続問題の解決が得意な提携先の弁護士をご紹介しました。

結果 

遺言として無効となってしまった書面の内容から読み取れる故人の遺志も尊重しながら、弁護士がAさんの代理人となってBさんと話し合いを重ね、最終的にはAさんも納得のいく遺産分割協議を行うことができました。

 

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続放棄④

    大変ていねいに教えていただき解消できました。本当にありがとうございました。感謝致します。

  • 相続登記⑤

    手続きに関して説明を頂き不安は解消されました。手続期の前に見積書を頂いたことも良かったです。

  • 相続放棄③

    無料相談があったので少し気軽にお電話することができました。清潔感のある事務所で担当の鈴田さんが丁寧で誠実に対応して下さり、落ち着いて話をすることができました。

  • 相続手続き③

    自分で書類を作ったりするのは大変ですので、助かりました。感謝しております。

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP