• 名城線大曽根駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-7584-02

受付時間 平日9:00~19:00 土日・祝10:00~17:00

生前対策として遺言を書いたケース①

状況

依頼人は、不動産賃貸業を営む方で資産が多く、死後に相続人間で争いが起こるのではないか、また、相続税もかなりかかるのではないかと心配なさっておいででした。

司法書士の提案&お手伝い

いくつか生前の対策をご提案したところ、遺言書を書いておくことを選択されたため、公正証書遺言として残すこと、遺留分に配慮することなどアドバイスしました。資産が多いケースですと遺言執行者も専門家を指定しておいた方が後日争いになることも少ないため、弊所でお受けすることになりました。

また、付言事項としてご自身がなぜこのような内容の遺言書を残したのか、感謝の気持ちといったという想いも残すことができることを説明さしあげました。

相続税に関しては、提携の税理士とも連携して対応いたしました。

結果

何度も打ち合わせさせていただき、ご自身のお考えのとおりの遺言書の内容とすることができ、また、付言事項としてご自分のお気持ちを残すことができ、心配事が解消されたと満足していらっしゃいました。

遺言書を書くには早すぎるということはありません。考えが変われば書き直すこともできますので、思い立ったときに書くことをお勧めします。

 

 

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記⑤

  • 相続放棄③

  • 相続手続き③

  • 相続手続き②

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP