• 名城線大曽根駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-7584-02

受付時間 平日9:00~19:00 土日・祝10:00~17:00

遺言書

「 遺言書 」 は、遺言者の死後に、

その意思を実現させるための手段です。

1.遺言書の必要性

遺言書を作成することで

自分の思い通りに財産を分けることができます。

遺族は余計な気を使わず、無用な争いを避けることができます。 

一方で、遺言書は、法律により厳格な要件が定められており、要件を満たさないと、せっかく書いた遺言も無効なものとなってしまいます。

専門家にご相談いただくことを強くお勧めします。 

遺言書を作成する必要性が高いケース

・財産として、不動産はあるが、預貯金等が少ない

・経営者である

・子供たちの仲が良くない

・同居の子どもと別居の子どもがいる

・第三者に財産を譲りたい

・親を異にする子どもがいる 

相続のポイント

遺言書は残された遺族への最後の心づかいかもしれません。

2.遺言書の種類

遺言書の種類、作成方法は法律で厳しく定められています。

ここでは、一般な遺言書をご紹介します。 

自筆証書遺言

方式

個人で作成する

作成方法

遺言者本人が全文、日付、氏名を自筆で書いて、押印する

メリット

  • 気軽に作成できる
  • 費用がかからない
  • 内容を他人に知られない

デメリット

  • 内容や様式の不備で無効になる可能性がある
  • 偽造、紛失のおそれがある
  • 家庭裁判所の検認手続が必要となる

公正証書遺言

方式

公証役場で作成する

作成方法

公証人に遺言の内容を伝え、証書を作成し、公証役場で保管してもらう

メリット

  • 様式不備、偽造のおそれがない
  • 家庭裁判所の検認手続は不要である

デメリット

  • 費用がかかる

 

3.遺言書の手続き

遺言書がある場合の相続の手続きは、下記のような流れになります。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記⑤

  • 相続放棄③

  • 相続手続き③

  • 相続手続き②

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP