• 名城線大曽根駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-7584-02

受付時間 平日9:00~19:00 土日・祝10:00~17:00

登記簿を見たら、昔の抵当権が残っていたケース

状況

両親が亡くなり、将来実家に住む予定もなかったので、不動産屋さんに売却の相談に行きました。

すると、すでに両親が完済したはずの住宅金融公庫(今でいう住宅金融支援機構)の住宅ローンの抵当権が残っているとの指摘を受けました。

提案

登記簿を確認してみると、住宅ローンの抵当権が消されずに残っていました。

抵当権は完済しても自然には消えることはなく、抹消するためには、自ら又は司法書士に依頼して手続きすることが必要です。

そして、既に返済が終わっていても、抵当権が付着している物件を購入する方はいないため、売却することはできません。

そこで、売却の準備のために、相続手続きと抵当権の抹消手続きを並行して行うことをお勧めしました。

結果

弊社が代理人となって相続手続きを行うことで、抵当権を抹消するための書類発行もスムーズに進み、早期に売却することが可能な状態になりました。

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続放棄④

    大変ていねいに教えていただき解消できました。本当にありがとうございました。感謝致します。

  • 相続登記⑤

    手続きに関して説明を頂き不安は解消されました。手続期の前に見積書を頂いたことも良かったです。

  • 相続放棄③

    無料相談があったので少し気軽にお電話することができました。清潔感のある事務所で担当の鈴田さんが丁寧で誠実に対応して下さり、落ち着いて話をすることができました。

  • 相続手続き③

    自分で書類を作ったりするのは大変ですので、助かりました。感謝しております。

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP