• 名城線大曽根駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-7584-02

受付時間 平日9:00~19:00 土日・祝10:00~17:00

独り身のため児童福祉施設への遺言を作成したケース

状況

妻にも先立たれ、兄弟もいないことから、遺産は児童養護施設に寄付をしたいとのご希望でご相談にお見えになりました。になり、ご相談におみえになりました。

 司法書士の提案&手伝い

お話しをお聞きしたところ、ご両親もすでに他界されており、推定相続人はいらっしゃらない状態でした。
相続人が不存在の場合には、諸手続きを経て、最終的には国の財産に属することになります。

ただし、施設等に寄付をする旨の内容を遺言で残していれば、その意思を実現することできます。
遺言では、配偶者など、法律で決まった「法定相続人」以外でも遺産を受け取る「受遺者」を指定することが、可能です。

近年、社会貢献と節税面から遺贈による「寄付」をする方も増えているとお聞きします。

結果

ご相談者様の意思を実現し、社会貢献することができることに喜びを感じていらっしゃいました。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記⑤

  • 相続放棄③

  • 相続手続き③

  • 相続手続き②

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP